診療案内|札幌市南区で動物病院をお探しの方は札幌緑が丘動物病院まで

時間 日・祝
9:00~12:00
16:00~19:00
休診日 木曜日(土日祝日は平常診療しております。)
※19:00~20:30、8:00~9:00緊急対応いたします。お電話いただいた上でご来院ください。

〒005-0005 北海道札幌市南区澄川5条11丁目2-2

  • 電話
  • メニュー

診療案内Service

診療対象動物

犬、猫、エキゾチックアニマル(うさぎ、フェレット、ハムスター、他小動物)

当院でできる治療

外科

イメージ画像

治療を始める前に、動物たちが今どんな状態なのか、これからどんな治療や手術が必要なのかをしっかりとご説明いたします。その上で、ご家族の方と獣医師の二人三脚で、治療の方針を立てさせていただきます。当院で対応していない高度な手術や治療につきましては、専門機関をご紹介させていただく場合もございます。

内科

イメージ画像

下痢や嘔吐、風邪など日常よくある疾患から、代謝疾患や消化器疾患などの複雑な病気まで、動物にもさまざまな内科疾患があります。
当院では問診・触診の後、必要に応じて各種検査を行います。診断の上、より高度な治療を要する場合は、専門医とも連携をして治療を進めます。

予防接種

イメージ画像

狂犬病、混合ワクチン、フィラリア、ノミダニ予防等の各種予防を行っております。予防することで防げる病気はたくさんあります。大切なご家族の一員である動物たちを病気から守るためにも、予防を心掛けましょう。
>> 料金について詳しくはこちら

避妊・去勢手術

イメージ画像

避妊・去勢手術は、望まれない子犬や子猫を増やさないという目的はもちろんのこと、乳腺腫瘍、卵巣腫瘍、子宮蓄膿症、会陰ヘルニア、前立腺肥大などホルモンによる病気の予防、またストレスの防止になるといわれています。ご不明な点、心配なことがございましたら獣医師にご相談ください。
>> 料金について詳しくはこちら

整形外科

イメージ画像

当院では骨折や脱臼、靭帯の断裂などの手術を多数手がけています。

骨折
前腕骨遠位骨折(手首近くの骨折)は超小型犬の成長期に多い怪我です。
脛骨粗面の剥離骨折は大型犬の成長期に過剰な運動負荷などが原因で起こります。
ネコでは交通事故や落下事故による骨折が多く見られます。
髄内ピンや骨プレート・創外固定などの手術法を症例にあわせて適用しています。

脱臼
膝蓋骨(膝のお皿)の脱臼は犬に多いトラブルです。そのままにしておくと関節の変形や後述する前十字靭帯の断裂を起こしやすくなります。
股関節のトラブルは小型犬にも大型犬にも多発します。的確な診断と治療が大切です。

靱帯損傷
事故や運動中に靭帯の損傷が良く起こります。
前十字靭帯の断裂は中年期の太り気味の犬に多く、放置すると半月板の損傷を併発し関節炎が悪化します。人工靭帯を用いて関節の安定性を回復する手術を行ないます。

椎間板ヘルニア
ダックスフンドなどに多発します。人の同症に比べ発生部位がより中枢寄りのため重症になることが多く、手術になることも多々あります。足がもつれたり立ち上がれない等の症状がある場合には速やかな診断と治療が必要です。 麻酔をかけて脊髄造影検査やCT撮影などにより診断します。必要な場合には脊椎骨に窓を開け、脱失した椎間板を取り出し、減圧する手術を行ないます。

人工授精

イメージ画像

犬種の改良や遺伝疾患の撲滅のために計画的な交配は是非必要です。
以前は優良な雄犬の元に台雌を連れて行き自然交配させる方法が主流でした。
海外の血統を導入するためには、その国まで台雌を送って交配するか、高価な種雄や妊娠雌を輸入するしかありませんでした。
しかし日本ケンネルクラブ(JKC)が凍結・冷蔵精液による人工授精を認めたことにより状況は変わりつつあります。
ストレスや経費のかかる犬の輸送を必要とせず、精液のみを送ることにより交配が可能になったのです。
自然交配により伝播されるブルセラ症などの感染症の予防にも有効です。
現在のところJKCが認めているのは海外からの輸入精液のみですが、いずれ国内で飼育されている種雄の凍結・冷凍精液も認められれば、さらに利用が広がるものと期待されています。
当院では欧米最大の精子バンクの1つであるインターナショナル キャナイン シーメン バンク(icsb)の技術講習を受け認定獣医師の資格を取得しました。
現在日本国内の認定医は7名で北海道では一ヶ所のみです。
人工授精には

○バールーンカテーテルを用いた腟内授精法
○開腹手術による子宮内授精法
○内視鏡を用いた経腟子宮内授精法


などがありご相談の上最良の方法をご提案させていただきます。
海外のブリーダが保有する精液の輸入交渉から登録その他の業務はワールド ドッグス アジア社(WDA)が行ないます。
またいずれ認可される可能性が高い国内精液の利用に備えて、現在種雄を飼育されているご家族の方からの依頼による精液の凍結保存も行なっております。
大切な種雄に生殖能力があるうちに貴重な精液を保存しておくことで後日その子犬を得ることができるのです。
授精業務は事前の交渉・準備にある程度時間が掛かります。雌に発情が来てからで間に合いません。お早めにご相談ください。

犬の発情期調節
イメージ画像

犬は通常年2回発情が来て受胎の適期を迎えます。6か月間隔で発情が来ると毎年同じ季節に発情することになります。
しかし少し時期をずらして出産させたい場合がありますよね。
そんな場合、発情ホルモンを放出するインプラント(米粒大の徐放錠)を膣粘膜に挿入することによりその約1週間後に発情を誘発させることが可能です。授精・交配後にインプラントは摘出するため安全です。
発情間隔のほぼ中間の時期に行うのが一般的です。
この方法を使えば求める時期に子犬を得ることができます。
詳細についてはご相談ください。

その他サービスのご案内

トリミング

イメージ画像

当院を受診されていて、高齢だったり重い病気や障害を持っている、一般のトリミングルームでは心配な動物達を対象にトリミングサービスを行っております。
何より動物達の負担を最小限に行うことを心がけてております。時間のかかる特殊なカットやスタイルはご希望に添えないこともございますので予めご了承ください。

しつけ教室毎月第三日曜日 13時~

イメージ画像

当院ではしつけ教室を定期的(毎月第三日曜日 13時~)に開いています。
ドッグトレーナーによる基本的なしつけの仕方や問題行動の解決の方法などについての基礎的なお話と、複数のワンちゃんたちが楽しく遊びながら犬同士や犬と人との付き合い方を学んだり、日常生活で遭遇するさまざまな状況に適応できるようにするグループレッスンの2部構成で行っています。
動物と飼い主様の両方が参加して行ないますが飼い主様だけでの参加も歓迎いたします。
参加には事前の健診とワクチン接種を済ませていることが必要です。
しつけや社会化には若い時期が効果的ですが、年齢を問わず参加いただけます。
教室には複数のワンちゃんが参加する関係から過度に攻撃的な性格や他の方のご迷惑になるような場合には、個別レッスンをお勧めしています。
予約制ですので、お気軽にお問い合わせください。

ペットホテル

イメージ画像

毎日医療スタッフが健康チェックしながら万全の態勢でお預かりします。
散歩が可能なワンちゃんは1日2回以上散歩を行っています。
ネコちゃん専用ルームや個室も完備しています。
>>料金について詳しくはこちら

料金案内

料金表(税抜)
診察料金 予防注射
初診料 ¥1,300    ネコ3種混合 ¥4,000   
尿検査 ¥1,300    ネコ5種混合 ¥7,000   
便検査 ¥500~    イヌ5種混合 ¥6,500   
血液検査 28項目 ¥4,700    イヌ6種混合 ¥7,000   
レントゲン検査 ¥3,000~   イヌ7種混合 ¥7,500   
超音波検査 ¥3,000~   イヌ8種混合 ¥8,000   
去勢手術 避妊手術
ネコ ¥8,000    ネコ ¥19,000 
イヌ ¥15,000~ イヌ ¥26,000~
ペットホテル(税抜)
ネコ ¥2,000 /日
イヌ
※体重はおよその目安で体格などによって
前後する場合があります。
~4kg ¥2,500 /日
~8kg ¥3,000 /日
~15kg ¥3,500 /日
~35kg ¥4,000 /日
35kg~ ¥4,500~/日
エキゾチックアニマル 1ケージ ¥2,000 /日

時間外・休診日の受付手順

イメージ画像

留守番電話になっていても、休診日も含めて20:30までは救急対応していますので、まずお電話の上メッセージを入れてください。こちらからおかけ直しいたします。転送先でメッセージ確認した場合などは着信情報から電話番号が確認できません。必ずお名前、返信先の電話番号を添えてください。
20:30以降札幌夜間動物病院にご連絡ください。翌朝には治療の内容の連絡が当院に送られるシステムになっています。
※休診日の受付も基本上記手順通りにお電話ください。

ページトップへ